2017年06月06日

ご紹介!切腹を通して日本史を学べる書籍!


久しぶりにこの「切腹都市」の掘り下げを行います♪

「切腹都市(ハラキリシティー)」!

話紹介!
http://yonikimo.com/90.html
加藤@カミカゼ物産梶iツイッターBOT)
https://twitter.com/kamikaze_kato

切腹に関する書籍にどんなのがあるのかを調べておりました!
そしたら、日本史の学びもできるものも見つけました♪

切腹を通して日本史を学びたいという人にはオススメです☆

スポンサード・リンク



HPより♪

内容紹介
日本にしかみられない責任の取り方としての切腹は、武士の究極の矜持の現れといえる。
鎌倉時代にはじまり、戦国期の武士のならいとして定着してきた身の処し方。
戦に敗れた者は首級を取られる前に潔く腹を切り、自害して果てた。
江戸時代には、刑罰として罪を償うために、またあらぬ不名誉な汚辱を注ぐために切腹するのは
一家の存続を確保する意味合いもあった。覚悟の上の死の作法は厳格な儀式となっていた。
主君に抗議しての諌死や、後を追っての殉死での切腹もまた日本人にしかみられない行為である。
歴史に刻まれた武士道の振る舞いの、背景とその真情に迫る。

松平信康、千利休、古田織部、豊臣秀次、浅野長矩、大石内蔵助、平田靭負、高山彦九郎、
松平康英、渡辺崋山、新見錦、新選組、真木和泉、、武市半平太、川路聖謨、白虎隊、
西郷隆盛、乃木希典、河野寿、中野正剛、三島由紀夫、森田必勝、影山正治などの
事例を引きながら、名誉ある死に赴いた者たちの潔い生き方について検証する。



HPより♪

内容紹介
大河ドラマ『真田丸』名場面から、昭和の衝撃事件まで…男達の散り様がここに蘇る!

【主な内容予定】
■第1章 切腹の作法、切腹の歴史

■第2章 平安~鎌倉時代の切腹
藤原保輔/源為朝/源頼政/源義経/梶原景時/村上義光/北条高時/楠木正成 …etc.

■第3章 戦国時代の切腹
大内義隆/平手政秀/武田義信/朝倉義景/浅井長政/上杉景虎/松平信康/別所長治/吉川経家/武田勝頼/織田信忠/明智左馬之助/清水宗治/柴田勝家/佐々成政/北条氏政/千利休/豊臣秀次/大谷吉継/豊臣秀頼 …etc.

■江戸時代の切腹
豊島信満/忠臣蔵/板倉勝該/平田靭負/佐野政言/高山彦九郎/松平外記/渡辺華山/幕末の動乱 …etc.

■明治・大正・昭和時代の切腹
西郷隆盛/乃木希典/南雲忠一/阿南惟幾/大西瀧治郎/三島由紀夫 …etc.






クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



ラベル:切腹 切腹都市
posted by logic@サプライズ家庭教師 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 「世にも奇妙な物語」から日本史へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック