2015年09月19日

発表!指導している高校生も気に入ってくれて、ビリギャルの先生もイチオシの歴史マンガ!


前にもこのブログで紹介したことがある書籍ですが、最近一人の高校生が買いたいと言い、もう一人の高校生も購入を検討しているので再度書きたくなりました。

◆趣旨◆
色々な人から

「日本史を学ぶのにお勧めの参考書や問題集、本はないですか?」

と相談されてきました。

その声に少しでも応じていきたいと思っています。
私も曲がりなりにも本屋に足を運ぶ度に日本史に役に立つ本は何かを意識して日々生活しておりますから。

さて、今回は?スポンサード・リンク
【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(電子書籍を無料ダウンロードできます)



指導している高校生たちが気に入ってくれた本!


この歴史マンガはかの有名な方も推薦しています!


今年、映画にもなった「ビリギャル」の先生である坪田信貴さんがこの書籍の中で推薦しています!

スポンサード・リンク



引用開始☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

偏差値30の子に効果的な日本史の学習法

歴史に関しては、概して「男の子」のほうが強い傾向があります。

さて、さやかちゃんのような子にお勧めな日本史学習方法は、ずばり、『学習まんが少年少女日本の歴史(23冊セット)』(小学館/1997年12月に出た改訂・増補版)を、ひたすら読むこと、になります。

(中略)

ちなみに、この小学館の『学習まんが少年少女日本の歴史(23冊セット)』は、コマの外にある細かい情報などもしっかり読み込めば、これだけで難関大の入試に対応できるレベルで情報が整理されています。
さやかちゃんにも、当時、『学研まんが日本の歴史』を欄外情報も含めて読み込むことを、最終的には指示していました。

引用終了☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサード・リンク




私自身、昔から20巻くらいある歴史マンガを見て

「ここに書いている事、年表も含めてきちんと頭に入ってたら少なく見てもセンター試験日本史でも満点も行けるのでは?」

と思っていました。

その心の奥で思っていたことを坪田さんが確信に変えてくれました。

私も改めて読み直して、年表とか漫画の枠外に書いている情報とか高校日本史に十分通用することがいっぱい書かれていると感じました。

本の後半の方に書いてある年表は確実に高校日本史の出来事まできちんと書いています。

それなので、最近相手していた高校生たちに

「この本、子供向けコーナーに置いてあるからってあなどっちゃいけないよ!
充分、高校日本史に通用するレベルの事まで通用する事まで書いているから!」

と強調しておきました!

中学生の人も高校入ってからも全然使えるので、中学生にも同じようなことを言って購入を薦めております。

スポンサード・リンク


1人の高校生が実際に本の中身を見て

「オレが持っている大学受験用で日本史をマンガで学ぼうって本があるんですが、それよりも読みやすいし、物語になっていて分かりやすいです!」

といった感想を漏らしていました。

確かに「マンガで学ぶ」というコンセプトを打ち出しているにもかかわらず、マンガの良さを生かしていない本があるのは思っていました。

イラストは描いてあるのですが、でもコマに文字をぎゅうぎゅうに詰め過ぎて「マンガの良さをもっと出しなよ!」と思ってしまう程でした。

そういう本よりは私もこのビリギャルの先生・坪田さんがイチオシするこの歴史マンガがおすすめですね☆

スポンサード・リンク




全巻セット


第1巻(紙媒体書籍)


第1巻(電子書籍)


全巻をいきなり買うか、紙の本を1冊ずつ買うか、電子書籍版を1冊ずつ買うかそれぞれの好みがあるのでそれに合わせて興味ある方は購入してみて下さい☆

以上、私が指導している高校生も気に入った大学受験レベルの日本史にも役立つ書籍の案内でした。





クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
posted by logic@サプライズ家庭教師 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめアイテム紹介(書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック