2015年08月25日

本日、高校日本史の指導時に国語辞典や「るろうに剣心」を活用した話♪

※2017年9月4日、更新


今日は高校生の指導、二連続でした☆

その中の一人・(仮名)じゅう君が社会が日本史なのでその悩み相談に応じていました☆

その事を記録に残しておこうと思います。

タイトルにもある通り、今回のキーワードは

「国語辞典」



「るろうに剣心」



となっています☆




スポンサード・リンク







彼の指導時間は90分なのですが、
「今日は丸ごと日本史をやって欲しい!」
と言うリクエストでした。

日本史の教科書に書かれていることは日本語!
だから、日本史は形を変えた国語ということを強調しておきました。

江戸時代、明治時代を中心に意味の分からない言葉を国語辞典を利用して調べて、
教科書にその意味を書くことをやってもらいました!

多くの熟語はそこに使われている漢字から意味を知らなくても、
想像しやすいと思いますが、例外を強調しておきました。

「改易」

これだけで、

「武士の土地や屋敷を取り上げる」

と想像できる人は少ないと思います。

何も知らない人は

「易を改善?どういう意味?」

と多くの人はなると思います。

それなので、

「意味を知らなくても使われている漢字から、何となく全部分かるだろう!と甘く考えてはいけないよ!」

ということを強調しておきました。

※詳細は別記事で詳しく書こうと思います!



スポンサード・リンク






国語辞典で調べてもらうこともひと段落ついたので、
私が最近火が付き始めた
『るろうに剣心』
の話をしておきました。

主にこの本を使いながら☆


じゅう君に確認したら、
ちょうど明治時代が苦手と言うことを告白してくれました。

本当、ナイスタイミングとしか言いようがなかったです!

「今日は日本史をやって欲しい!」

というリクエストを前もって聞いていた訳ではないのに、
最近『るろうに剣心』に火が付いたので、
なんとなく話したかったから持っていっただけなのです!

それがまさかの大正解でした☆

「るろうに剣心」に出てくるキャラクターに実在の人物である、

大久保利通
川路良利
赤報隊
山県有朋
桂小五郎


が出てくる事に驚いておりました☆

これに加えて私、高校時代歴史が嫌いだったこと。
だから日本史も世界史も避けるために地理を選んだ過去を話しておりました!
※詳細は別記事で!

そんな歴史が大嫌いだった私でも、
「るろうに剣心」には夢中になっていた!
ということも話してました。

確かに高校時代、歴史系科目は嫌いでしたが、
それでもマンガの中で実在の人物が登場する事には、
何故だかワクワクして読んでたことも伝えました!





るろうに剣心の紹介を映像も見せて紹介したら、
すごく関心持ってくれました。

私が今日話すまで彼は
「るろうに剣心がタイトルしか知らない!」
という状態でした。

でも、私が「るろうに剣心」を紹介してその面白さを感じてくれて、
明治時代の興味・関心度が3から6になったという嬉しいことも言ってくれました☆

「るろうに剣心」をうまく活用して、日本史も楽しく学べるように授業をまた今後も行っていきたいと思います!

本日の授業報告でした☆

※『るろうに剣心』で学ぶ日本史も別記事でアップします


■追記
るろうに剣心で学ぶ日本史、記事一覧
http://logic-jap-history.seesaa.net/article/473769540.html








※他ブログなどからこの記事を読みに来た方限定のメッセージ
知ってほしいブログ

アメブロ

mixi

の記事からわざわざクリックまでして読んで下さり、ありがとうございました!






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
小中高生、大学受験生の文系科目、記憶術、TOEIC、行動習慣、行動科学など

〜コラボレーションの可能性は無限大〜
サプライズ家庭教師・logic

HP
http://surpriselogic.iinaa.net/
ツイッター
https://twitter.com/CollaboHunter

☆ブログ一覧★
http://surpriselogic.iinaa.net/blogsns.html

メール
logicreator@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村








posted by logic@サプライズ家庭教師 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック