2015年08月17日

武士が忌み嫌っていた魚、豊臣秀吉の兵力は○○によって減った!のを知りました!


昨日、たまたま見ていたテレビで食べ物をベースに日本史の雑学を特集していました。

記憶が残っている内に、こうやってブログ記事にしておきたいと思います☆



スポンサード・リンク
【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(電子書籍を無料ダウンロードできます)


雑学1
昔、武士が食べるのがタブーとされていた魚があった!
それは・・・

鮪(まぐろ)!!!

マグロを武士たるもの食べてはならないと言う暗黙のルールがありましたが、でもあまりのおいしさにこっそり食べていたというのがあったみたいです。
(江戸時代のはず)



雑学2
豊臣秀吉の軍がある魚料理のために兵力が低下しました!
その魚とは?



河豚(ふぐ)!!!


フグの毒にあたって兵士が倒れてしまった。
そのために兵力が減ってしまったというエピソードがありました。

他にもいろいろありましたが、今覚えている範囲ではこんな話でした。



スポンサード・リンク
【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(電子書籍を無料ダウンロードできます)




日本史に出てくる人物の話ってどっちかというと私たち庶民と別世界の事をベースに話を進めますよね。
そのために、多くの人がこの「日本史」に限らず、「歴史」という科目に拒否反応を示すのではないか?と思えました。

私たち一般人とその歴史上の人物とのちょっとした共通点を見つけることって歴史を学ぶにおいて大切な気がします。

私が好物のマグロを武士も食べていたとか、私はあまり食べないけど普通の人が食べているフグを食べて兵力を失ったとか私たち一般人と関連性が強いじゃないですか?

この話は歴史の話に限らず、人とのコミュニケーションにも通じる話ですよね。

最近の例を持ち出すと、私よりも家庭教師経験が長い人がいました。

心の奥で敷居が高いと言うイメージが内心ありました。
(それでも、親しみを持てる人間らしい人とは思っていました)

でも、色々と話してみるとその人は昔「少年ジャンプ」が大好きでよく読んでいた!
その読んでいた作品の一つに私の大好きな作品「シティーハンター」も読んでいたということを知りました!




私の青春とも言える「シティーハンター」を読んでいたことがわかってから、内心「敷居が高い」と思ってた方に前よりもますます親しみを持てるようになった!

この現象と似ている気がします☆

ここで取り扱ったのはマンガの例ですが、でもマンガ以外でも沢山経験していると思います。

「出身地が同じだった!」
「出身校が同じだった!」
「趣味が同じだった!」

実際、私「同じ牛久に住んでいる」という理由でその人に親しみを持ったり、「同じ大学出身」という理由でその人に親しみ持ったというのがありました。

それなので、歴史上の人物に親しみを持つ方法は自分とのちょっとした共通点を探すことにあるのではないか?と思います☆

あと、私がそんな親しみを持った同業者さんの事をPRしておきます☆

プロ家庭教師の江間です。
http://www.a-ema.com/k/index.htm

AE個別学習室&プロ家庭教師&翻訳者の江間です
http://a-ema.seesaa.net/

ツイッターページ
https://twitter.com/A_EMA_RYU

私は茨城県牛久市在住なのに対して、江間さんは茨城県水戸市在住です☆
それなので、茨城県央と見事に役割分担されています。

私が手の届かない仕事は是非とも江間さんに依頼してみて下さい。
家庭教師は勿論、英語の翻訳、音楽の演奏もされているので学校の勉強以外でも色々と頼れる方です!

是非とも江間さんの事もよろしくお願いします☆




クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


スポンサード・リンク

あなたのお子さんが公立高校入試で社会は98点が取れる分かりやすい授業












ラベル:雑学
posted by logic@サプライズ家庭教師 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック