2015年07月21日

発表!「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」から日本史を深める準備をしてます!


こんばんは。

さっき、本屋に行ってマンガ版の「ゲゲゲの鬼太郎」を読んでおりました。
そこで大発見があってツイッターでも発信していました。

私が幼い時から大好きだった「ゲゲゲの鬼太郎」は日本史につながる要素を感じています。

ブログを毎日アップできなくても、陰できちんと動いていたというのを今回記事で証明したいと思います。

それでは、本題!


◆深掘りのキッカケ◆
日本人なら知らない人はいないと言っても過言ではない国民的作品「ゲゲゲの鬼太郎」!



私も小さい時から見てきました。

特に、ゲゲゲの鬼太郎・第3シリーズは幼い時に夢中になって観ていたのを今でも覚えております。



この鬼太郎・第3シリーズには人間社会への警鐘、社会問題をテーマに取り扱ったりと幼い私に色々と考えさせてくれたのを今でも覚えています。
(自然破壊、労働社会への問いかけ、人間至上主義の人間社会への問いかけなど)

あと、この話に出てくるヒロインの天童ユメコちゃんは幼い時の初恋(?)の人でした♪(あはっ)
言いながらちょっと顔を赤くしている私が(汗)



ノロケ話はともかく、幼い時に「ゲゲゲの鬼太郎」によって色々なことを学ばせてもらいました。
その時に刻まれたこの思いが社会問題に無関心になってはいけないという私を作り出していると思っています。

そんな子供時代に大きく影響を与えてくれた「ゲゲゲの鬼太郎」という国民的作品を深掘りしてみない手はない!

そんな訳で開始していきます!

さて、今回は?

スポンサード・リンク
【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(電子書籍を無料ダウンロードできます)



☆★☆★国民的作品「ゲゲゲの鬼太郎」で深掘り☆★☆★



wikipedia「ゲゲゲの鬼太郎」


wikipedia「ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ)」



今回紹介したいのはこの話!

「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団 日本上陸」


wikipedia「ゲゲゲの鬼太郎最強妖怪軍団!日本上陸!!」

東映アニメオンデマンドHPより
http://taod.jp/p/100018-0054
※有料版動画をこちらで見れます♪


この映画では、中国妖怪・チーというのが日本を征服しに来るのです。

中国妖怪・チー
鬼太郎・チー.png

この中国妖怪チーたちと鬼太郎たちが闘うという話です。


中国妖怪・チーの正体!
鬼太郎・チー正体.png

尻尾を9本持つ狐、妖怪伝承で有名な「九尾の狐」なのです!

wikipedea「九尾の狐」

厳密に言うと伝承で伝えられている九尾の狐そのものではなく、その九尾の狐の弟がチーなのです。
あと、意外に知らない人が多かったので強調しますが、
九尾の狐は性別的には雌に当たるみたいです。

妖怪伝承として色々なエピソードがある「九尾の狐」!

「九尾の狐」に関する情報☆

wikipedea「九尾の狐」

wikipedea「玉藻前」

wikipedea「殺生石」


この「九尾の狐」から連想を広げていくと、ここに出てくる「玉藻前」、「殺生石」は勿論のこと、

wikipedia「鳥羽天皇」

wikipedia「吉備真備」

wikipedia「遣唐使」

といった日本史の教科書でも見かける事にリンクしていきます!

その細かな内容は又、推敲を重ねてから書きますのでお楽しみに!

「九尾の狐」伝承で日本史が深まると思うと、記事を書く私自身も楽しみだったりします。

深掘りここまで☆



スポンサード・リンク
【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(電子書籍を無料ダウンロード)




しかし、この「ゲゲゲの鬼太郎」って小学校の時に見てたのに、こんな感じできちんと深めていれば中学時代歴史は常に満点とか8割9割取ってたんでしょうね。
(中学時代は歴史は40〜70点とバラバラでした)

過去の私に

「お前、ゲゲゲの鬼太郎がそんなに好きなら、きちんと”九尾の狐”の伝承を調べなさい!
ここで、”九尾の狐”の伝承も調べないなら、お前は本当に鬼太郎が好きとは言い難いぞ!」

と言いたいくらいですよぉ!

とりあえず、この「九尾の狐」伝承を見事に掘り下げていきたいと思うので、記事を待っててください。

今回は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。




クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


スポンサード・リンク

あなたのお子さんが公立高校入試で社会は98点が取れる分かりやすい授業











posted by logic@サプライズ家庭教師 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ゲゲゲの鬼太郎」から日本史へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック