2015年07月03日

公開!世にも奇妙な物語→切腹→切腹のウケる小ネタ!


こんばんは。

さっき、中学生の指導を終えて帰宅したlogicです。
本日行った中学生からおかげさまで、このブログを含めてブログのネタをいただけました。
それなので、さっそく今回の記事にしたいと思います。

さて、本題☆

◆深掘りのキッカケ◆
私が好きな作品の1つに「世にも奇妙な物語」があります!



私が幼い時に見た話で衝撃が走った作品の1つ、「切腹都市(ハラキリシティー)」!

話紹介☆
http://yonikimo.com/90.html

話の内容は簡単に紹介すると、失敗をしたら切腹をしないというもう一つの日本に迷い込んだ外人の奇妙なお話です。

主演:ケント・ギルバード、竹中直人



竹中直人演ずる・加藤部長の名台詞!

「気の毒だが、切腹していただくより御座らんな」
切腹都市4.png

ツイッターになんとあの加藤部長のBOTもあります☆
https://twitter.com/kamikaze_kato

ネタとしてよかったら、興味ある方はフォローしてみるといいと思います☆

この「切腹都市(ハラキリシティー)」をベースにどんどん深堀していきます☆

さて、今回は?



スポンサード・リンク
【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(無料ダウンロード)


☆★☆★世にも奇妙な物語「切腹都市(ハラキリシティー)」で、深掘り☆★☆★



wikipedia「切腹」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%87%E8%85%B9

引用開始☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

切腹(せっぷく)は、自分の腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)・割腹(かっぷく)・屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。

外国でも日本の風習としてよく知られ、hara-kiriやseppukuとして英米の辞書に載っている。小林正樹監督映画『切腹』もHarakiri(1962年)として海外で紹介された。

引用終了☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これまで切腹に絡む深掘りをしてきましたが、今回はちょいとした切腹の小ネタをお届けします☆

切腹が絡んでくる小ネタの元はこちら☆



このコミックでこんなシーンが!

キンタマン・切腹@.jpg

キンタマンの父親・金田舞次郎(きんた まいじろう)が「責任をとれ」と言われて、

「よし、わかった。わしも男だ。」

と白装束を身に付け、手には短刀を持ち覚悟を決めた表情になっています。

息子のキンタマンが

「早まるな。」

と止める。

金太舞次郎が最終的にどう責任を取ったか?
腹を切ったのか?それとも?

そうそう、オチを見る前にこの金田舞次郎の名前に関して。
読む際に切る位置を間違えるととんでもない読み方になるので、それはご注意を♪(笑)


スポンサード・リンク




そして、金田舞次郎は・・・

キンタマン・切腹A.jpg

・・・「ツメをきるぞ。」

と爪を切ることで責任を果たしたのでした。

スポンサード・リンク


・・・まったく、なめんなよ!って突っ込みたくなりますよね。

こんなふざけた事やってくれると、

「舞次郎!おめぇ、本当に腹を切りやがれや〜!」

としか言いようがないですねぇ〜!

とちょっとした小ネタでした♪

今回、深掘りここまで☆

スポンサード・リンク


この話を中学生にネタとして話したら、ウケておりました☆

しかも、私が話だけでウケていたので、

「そんなに面白いなら、ブログ記事にするから楽しみに待っててね☆」

と彼には言っておいたのです。

それだから、この記事は教え子との約束の証なのですよ☆
この記事を書き終えたらさっそく彼に報告したいと思います♪

ここ最近、やれていなかった、この「切腹都市(ハラキリシティー)」の深掘りも出来たのもイイ気分です☆
又、このテーマの深掘りもやれるだけやっていけたらと思っています。

今回は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。




クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


スポンサード・リンク

あなたのお子さんが公立高校入試で社会は98点が取れる分かりやすい授業






posted by logic@サプライズ家庭教師 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 深堀り(世にも奇妙な物語「切腹都市」編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック