2015年06月29日

ある高校生の悩みに応じました。「歴史用語はなかなか覚えないのに、好きなものはなぜ簡単に覚えられるのか?」


こんばんは。

もうすぐで6月も終わりですね。
そう言えば昨日、私が好きなドラマに出演していた俳優さんの命日でした。

その俳優とは・・・

沖雅也!

wikipedia「沖雅也」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E9%9B%85%E4%B9%9F

この名前を今の教え子たちに行っても知らないって人の方が圧倒的に多いですね。
念のため、沖雅也さんが活動していた頃の世代ではないです、私。

でも、結構レトロドラマを追求するところがあって、その一つに「太陽にほえろ!」があるのです。
「太陽にほえろ!」で通称・スコッチと呼ばれてた刑事を演じていました。
他にも、「俺たちは天使だ!」というコメディタッチの探偵のドラマでも主役を演じていました。

wikipedia「太陽にほえろ!」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AB%E3%81%BB%E3%81%88%E3%82%8D!



wikipedia「俺たちは天使だ!」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AF%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%A0!

俺たちは天使だ! VOL.1(DVD)

俺たちは天使だ! VOL.1(DVD)
価格:3,312円(税込、送料別)



沖雅也さんは1983年6月28日に自殺しています。

それなので、6月28日というと私は心の片隅にでも真っ先に、沖雅也さんを思い出してしまうのです。

こんな話をすると久しぶりに「太陽にほえろ!」とか「俺たちは天使だ!」を見たくなってきました。
それも深掘りに入れられたらと思う私です。

そうなった時はよろしくお願いしますね☆

さて、本題!

◆趣旨◆
日本史を学ぶ際にこんな悩みの声を聞いてきました。

「全然、教科書の内容が覚えられない!」
「日本史(社会)は暗記科目だから、ただ暗記するしかない!でも、暗記する方法を知りたい!」
「日本史(社会)ってどうやって勉強をしたらいいのかが分からない。ただ、教科書読んだり、問題解くしかないのか?」

そんなふうに日本史(社会)の勉強で悩む人に、こういった悩みに「どうすればいいのか?」に応えていきたいと思います。

少しでも、「社会=暗記科目」、「暗記は辛い!けど、耐えるしかない!」というネガティブイメージを取り除けたらと思います。

さて、今回は?


スポンサード・リンク

【大学受験】日本史~差がつく問題100問~

(無料ダウンロード)



★☆★☆社会は歯を食いしばって暗記するしかないというネガティブイメージを取り除こう★☆★☆

最近、試験前の高校生にこんな事を相談されました。


「自分、世界史を取っているんですけど、世界史で今悩んでいるんですよ。
それだから、よく覚えられる勉強方法とか教えて下さい」

普段は英語の指導でその高校生には指導をしているのですが、私から社会の勉強の話を振っていないのに向こうから相談をしてくれたのです。
それが何気に嬉しかったりします。

彼から詳しい悩みを聞くとこう言っていました。

「世界史ってカタカナ語ばかりで覚えるのがつらいです!
マンガのキャラとか好きなことは簡単に覚えられるのに、
世界史は全然覚えられないんですよね〜。
どうしてでしょうかね?」




ここは日本史のブログかもしれませんが、世界史も日本史も根本的にやることは同じなので世界史の相談でも敢えて掲載しています☆

それに対して、私はこう応じておきました。


「そんなのは全然当り前だよ。
好きなことを簡単に覚えられるのは、なぜか?
好きなことってのは自分が意識しているしていないに関係なく、
何度も何度も繰り返しているからだよ。

例えば、ポケモンだったら好きだから何度も何度も本を見たり、
声に出さなくても頭の中で“ピカチュウ”って言葉を
繰り返しているからなんだよ。



だから、好きなものは簡単に覚えられるんだよ。

多くの人は好きなものはちょっとした回数で覚えられるんじゃなくて、
無意識のうちに繰り返している回数をカウントしたら、余裕で100回とかは行くはずだから。

逆に、嫌いなもの、仕方なしに学んでいる面が強い世界史は
心の奥で“できたら数多く触れたくない”と思っているから、
繰り返しているか数は当然、ポケモンに比べて少なくなる。

だから、世界史は簡単に覚えられないんだよ。



多くの人は、“好きだから覚えられるんだよ”ってあいまいな答えを
して終わるけど、私はそこで終わらせたくないからね模索しているんだけど、
その一つの答えがこれだと思うよ。

あとは、言葉を見ても映像で浮かばないものは覚えられないから。

例えば、私の知り合いにワカタベシンゾウさんって人がいるけど、
顏も知らないし、どんな正確かも知らないから映像として浮かばない。

そんなワカタベさんを覚えようって気持ちになる?
映像も浮かばないワタナベさんを覚えられる?

ワカタベシンゾウって音や文字だけは覚えたとしても、
形骸化、形だけの記憶になってしまうんだよ。

歴史系科目で点数を採れない人は頭の中に映像が
浮かばないという傾向が圧倒的に多いから。

だから、映像として浮かびやすくするために歴史マンガなんかもおすすめだよ☆」



このような話をして、我ながら学生時代に聞きたかった言葉だと思う自分がここにいます。

そうなんですよね、多くの人は

「好きなことは簡単に覚えられる!少ない回数で!」

と勘違いしている人が多いですけど、実際は好きだからこそ自然と声に出してたり頭の中でその言葉をつぶやいている。
だから、その数を全てカウントしたら少なく見積もっても100回は超えていると思います。

好きなものは無意識的に回数を沢山こなしている、だから簡単に覚えられると思っています。
もちろん、これ以外にも要素はあると思いますが、一つの答えとして聞いてください。

「好きなものは簡単に覚えられる」

それはなぜなのかをもっと追究していきたいと彼を相手してて感じました。

又、思いつくことがあったら発信していきたいと思いますので、お楽しみに☆

今回は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。




クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


スポンサード・リンク

あなたのお子さんが公立高校入試で社会は98点が取れる分かりやすい授業










posted by logic@サプライズ家庭教師 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史勉強法(やり方) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック