2015年05月25日

開始!センター試験・日本史2006年度本試験、分析!


こんばんは。

本日、中学生高校生と連続指導でした。
特に、今日指導に行った高校生が数日後に日本史のちょっとした試験があると相談されました。
なので、彼に日本史の指導をしておりましたよ☆

それがキッカケで新コーナをちょっと開始したくなりました♪

◆コンセプト◆
今相手している高校生が学校の授業で、センター試験の過去問をベースに日本史を学んでいます。
それを考えてセンター試験日本史の分析をしていきたいと思います☆

センター試験日本史だけでは早稲田、慶応の日本史には完全に太刀打ちは難しいです。
でも、早稲田、慶応の日本史に通用するための基礎固めにはうってつけだと思います!
それを考えてセンター試験の日本史も分析していこうと思いました。





引用開始☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2006年度・本試験
第2問・問5

下線部d(醍醐天皇)に関して、その在位中の出来事について述べた分として誤っているものを、次の@〜Cのうちから一つ選べ。

@唐が滅亡した
A阿衡の紛議(阿衡事件)が起こった。
B菅原道真が左遷された。
C意見封事十二箇条が提出された。

引用終了☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最近、藤原基経について記事にしただけに驚きました!
まさか、ブログで書いたことがすぐに授業で役に立つとは夢にも思いませんでした。

本日、それを一つ一つ分析していました☆

まずは問題になっている醍醐天皇について!

醍醐天皇が位についていたのは、897年〜930年!

wikipedia「醍醐天皇」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%8D%E9%86%90%E5%A4%A9%E7%9A%87



その間に起きた出来事なので一つ一つの出来事の知識が頭に入っているかいないかがカギを握っています。

選択肢を一つ一つ、分析してみましょう!
私自身、今日の授業のおさらいができて一石二鳥ですね☆

@唐が滅亡した。
これは何年か?

907年!

醍醐天皇が位についていた、897年〜930年の中に納まる!

故に、これは選択肢から外れる!

wikipedia「唐」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90
wikipedia「907年」
https://ja.wikipedia.org/wiki/907%E5%B9%B4




A阿衡の紛議(阿衡事件)が起こった。
これは何年の出来事か?

888年!

醍醐天皇が位についていた、897年〜930年から外の出来事!

これが正解!

wikipedia「阿衡事件」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E8%A1%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6




B菅原道真が左遷された。
これは何年の出来事か?

901年!

醍醐天皇が位についていた、897年〜930年の中の出来事!

故に、選択肢から外れる!

wikipedia「菅原道真」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F%E9%81%93%E7%9C%9F




C意見封事十二箇条が提出された。
これは何年の出来事か?

914年!

醍醐天皇が位についていた、897年〜930年の中の出来事!

故に、選択肢から外れる!

wikipedia「意見十二箇条」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%8F%E8%A6%8B%E5%8D%81%E4%BA%8C%E7%AE%87%E6%9D%A1




分析終了!

こうやってwikipediaの情報をまとめるだけでも、充実したものになりますね。
いちいち自分でネットを開いてwikipediaで調べる手間を取り除ける意味では役に立つと思います♪

そんな訳で、センター試験日本史のコーナーもよろしくお願いします☆
(徐々に早稲田や慶應の過去問もやっていこうと検討しています)

そんな訳で、今回は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。




クリックよろしくお願いします♪

社会科教育 ブログランキングへ

スポンサード・リンク

あなたのお子さんが公立高校入試で社会は98点が取れる分かりやすい授業













posted by logic@サプライズ家庭教師 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 入試分析(センター日本史) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック